【R6S】スモークの立ち回りを初心者向けに解説するよ。

スポンサーリンク

こんにちは。

今回はレインボーシックスシージ(R6S)のオペレーター「スモーク」の立ち回りを初心者の方向けに解説します。

 

 

・スモークとは?

SASのメンバーの1人。

アーマー2スピード2のバランスの良いオペレーター。

固有スキルは毒ガス。範囲内の敵に継続的なダメージを与える毒ガスを3個持っている。

 

・毒ガスの使い方

敵にダメージを与える他に、敵からの射線を隠したり、時間稼ぎや盾持ちのオペレーターへの攻撃など使い方は様々。

ディフューザーを解除している間のけん制にも使える。

ドアや窓、敵があけた穴にガスを使えば、進入路を一時的に塞げる。

投げた後、起動せずに敵が入ってきたときに時間差で起動する戦術もありますね。

毒ガスを投げるときは無防備になるので注意。

余談ですが、敵がフィンカのアドレナリンの効果を得ている時は毒ガスのダメージが増えます

 

・おすすめ武器

ショットガン+SMG+インパクトグレネードの組み合わせが強い

ガジェットは有刺鉄線でも構わないです。お好みで。

ショットガンは連射速度は遅いものの、高威力です。

接近戦ならほぼ一撃で敵を倒せます。

壁の破壊にも便利ですね。

サブ武器はSMGがおすすめ。ハンドガンはほぼ使われません。

連射速度が驚異的で、命中させれば一瞬で敵が溶けます

胴体を撃てば、反動で頭部に当たりやすい。

が、以前はA-COGサイトを装備できたが、修正で等倍サイトしか使えなくなった。それでも強い武器であることに変わりはないですね。

反動制御が難しいので、テロハントかカスタムマッチでの練習を推奨します。

ガジェットは「有刺鉄線」と「インパクトグレネード」の2種類。

壁の破壊を優先するならインパクトグレネードがおすすめ。

爆弾防衛の時は、インパクトグレネードでAB間に穴をあけよう。

壁の破壊がショットガンで間に合うなら、有刺鉄線を使って敵を足止めしよう

次にスモークの立ち回りを解説します

 

・目標エリアに立てこもる

ショットガンでエリアに籠って、時間切れか入ってきた敵を殲滅する立ち回り。

残り時間が短くなったら、エリアの侵入口を毒ガスで封鎖する

敵は入れないorダメージを受けながら無理矢理侵入するしかなくなるので、時間切れを狙いやすい。

入ってきても、ショットガンで角待ちをすれば大抵は撃ち勝てる。

 

・上を陣取る

スモークのショットガンとインパクトグレネードで床を破壊して、下から来る敵を倒す立ち回りです。

敵が入ってくる場所を把握しておく必要があるが、こちらからほぼ一方的に攻撃できる

たしかし、上を陣取って、床を壊して奇襲するのは…マップの理解と敵のスポーン位置の把握が必須。

中級者・上級者向けの立ち回りなので、慣れない間は目標エリア付近に立てこもって戦う方が良いかもしれない。

 

 

・スモークの注意点

最後にスモークの注意点を書きます。覚えておきましょう。

・スモークの毒ガスは自分自身に効果は無いが、味方にはダメージを与える。

使用する時は、まわりに味方がいないか確認するべき。

・毒ガスを投げるときは無防備なので注意。投げるときは出来るだけ敵の前に姿を見せないようにするべき。

また思いつけば追記しておきます。

スポンサーリンク





レインボーシックスシージ/Rainbow Six Siege/R6S
スポンサーリンク
Game Gold Base
タイトルとURLをコピーしました