ソフトバンクを解約したので、注意点・ややこしい点を解説

 

 

・解約の料金を調べる

https://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/にアクセスし、解約に必要な料金を調べられます。

この料金の表記が結構厄介で、赤字で凄くお金が必要なことを強調してきます。

この料金はすべての人が払わないといけないワケではなく、条件によって違うのですが…。

特にややこしいのが「失効する月月割 割引額」

例えば…

・契約解除料…契約更新月に解約すると不要。

・MNP転出…電話番号を引き継がないなら不要。

・失効する月月割 割引額…解約すると失効する割引。表示された金額を支払う訳ではない。

この「失効する月月割 割引額」というのが本当に厄介で、解約しようとすると赤字で表示されて驚くはずです。

ですが、実際はソフトバンクを解約したら失効する「割引」のことで、表示金額を支払う訳ではありません

私は契約解除料と本体分割の残金だけ支払って解約できました(電話番号は他者で新しい番号を取得)。

ソフトバンクとしては解約する人を少しでも足止めするために「失効する月月割 割引額」を赤字で目立つように書いてる(?)と考えられます。

 

・割賦を一括で支払う

解約時に本体の割賦が残るのが嫌なら一括で支払って、綺麗サッパリ解約するのが良いかもしれません。

(私は割賦を一括に変更してから解約しました。)

https://www.softbank.jp/partners/support/mysoftbank/charge_guide/payment_installment/で「My SoftBankで機種代金の残金を一括で支払う手続きを行えます。」と書いてますが、結局やり方が分からず、ソフトバンクショップで手続きしました。

割賦から一括への変更は、ショップで書類に必要事項を書くと変更できました。

 

・ショップで解約

解約費用の確認ができたら、必要なものを持ってソフトバンクショップへ。

免許証などの身分証明証、印鑑、契約した携帯を持っていきました

手続きはスムーズで、解約の書類に承諾して説明を受けるだけだったので10分~20分ほどで済みました。

 

・余談

ソフトバンクを解約してDMM mobileに変更しました。

DMMのパソコンゲームが好きで、携帯料金のポイント還元でゲームのアイテムを買うのが目的でした。

内容を詳しく書くと…電話番号あり、通信量ライト、SMSありで月々約1,200円ほどの支払いになりました。

電話番号不要なら、月1,000円を切る契約も可能なほどの格安さです。

 

・関連記事

DMMモバイルの注文→到着→使用までの手順。実際に利用した感想

 

 







 

スポンサーリンク