ソニーのBluetoothイヤホン「MDR-NWBT20N」を買ったのでレビュー

 

こんにちは。

今回は、SonyのBluetooth対応イヤホン「MDR-NWBT20N」のレビューです。

実際に使ってみて分かった使用感や良い点・悪い点を書いていきます。

 

 

・見た目と機能

使用感を書く前に、本体の見た目を紹介しておきます。

正面はこんな感じです。

ウォークマンのロゴと、曲の再生/停止ボタンがあります。

再生/停止ボタンには出っ張りがあります。

ウォークマンのロゴの部分を回せば、曲の早送りと巻き戻しができます。

本体の上の部分の画像です。

左側にレバーを倒せば、電源をオン/オフにできます。

右にレバーを倒しておけば、誤差度による電源オフ防止になります。。

本体の下の部分はこんな感じです。

ノイズキャンセリングのオン/オフのレバーがあります。

右には、音量の大小を調節できるレバーがあります。

本体右側は、充電ケーブルの挿入口があります。

使用しないときはフタして閉じれるようになってます。

本体左側はイヤホンジャックです。

裏側にはクリップがあります。

服やポケットに引っ掛けて使います。

本体のサイズはこんな感じ。

参考にどうぞ。

 

・良い点

音楽プレイヤー本体と耳まで長い1本のコードを繋がなくても聴けるようにになります。

コードが引っ掛かってイライラすることがなくなります。

ウォーキングやランニングでコードがぶらぶらするのもなくなりますね。

本体のボタンやタッチスクリーンを操作しなくていいのも利点ですね。

手元のボタンで曲の停止・再生・早送り・巻き戻しができます。

個人的なことなのですが、イヤホンジャックが壊れたものを再利用できました。

ウォークマンのFシリーズを使っていたのですが、本体を落としてしまいイヤホンジャックが割れました。

有線で音楽を聴けなくなったので悩んでいましたが、MDR-NWBT20Nを買って解決しました。

イヤホンジャックが壊れようが、無線(Bluetooth)接続なら関係ないのがメリットですね。

 

・悪い点

使用する音楽プレイヤーがBluetooth対応でないと使えません

最近のウォークマンや携帯は、大抵Bluetoothに対応しているので大丈夫だとは思いますが…。

購入前に、使用する本体がBluetooth対応かどうかチェックしておきましょう。

あと、商品自体の充電が必要なのが難点ですね。

当たり前ですが、曲の停止/再生は無線で送信(受信)するので電力が必要です。

充電が面倒な人には向かない商品ですね。

 

・まとめ

Bluetoothイヤホンは、一長一短なので万人受けする商品ではない印象を受けましたね。

また、今回紹介した「MDR-NWBT20N」は数年前の商品です。

後継機にあたる商品が販売されているので、最新のものが欲しいならそちらを優先すべきでしょう。

「MDR-NWBT20N」はコチラ↓

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N : Bluetooth対応 ブラック MDR-NWBT20N B

新品価格
¥6,780から
(2017/10/14 19:01時点)

「MDR-NWBT20N」発売後にリリースされた(後継機)商品をまとめておきます。

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル ブラック WF-1000X B

新品価格
¥26,870から
(2017/10/15 06:35時点)

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C400 : Bluetooth対応 最大20時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-C400 B

新品価格
¥6,050から
(2017/10/15 06:35時点)

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン SBH56 : カナル型 Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック SBH56 B

新品価格
¥6,491から
(2017/10/15 06:36時点)







 

スポンサーリンク