The End is Nighをプレイしてみた。死にゲー2Dアクション。評価・感想・レビュー

スポンサーリンク

インディーズゲーム「The End is Nigh」をプレイしてみました。

本作は、Epic Games ストアで期間限定で無料配布されたゲームです。

無料配布の時に入手したのですが、放置していたのでプレイしてみました。

The End is Nighをプレイしてみた
(管理人のゲームプレイ動画)

黒やグレーなどの暗い色のデザインが特徴的な、2Dスクロールアクションゲームです。

黒いスライム(?)のようなキャラクターを操作し、ステージのクリアを目指します。

操作は簡単で、移動、ジャンプ、壁のフックにぶら下がる操作を覚えるだけでした。

これらの操作を駆使して、トゲや落ちていく床などの仕掛けがあるステージを突破します。

何度も死ぬゲームですが、すぐにリトライできるのは良い点でした。

復活時に長いロードを挟まないためテンポが崩れず、極端な巻き戻しもなく、サクサク遊べます。

難しい2Dアクションゲームや、いわゆる「死にゲー」「覚えゲー」「初見殺しゲー」と言われるゲームが好みなら楽しめる印象でした。

その他
スポンサーリンク
フォロー
One Minute
タイトルとURLをコピーしました