おすすめのPrime武器まとめ。優先して作ったほうがいいPrime武器



スポンサーリンク



 

こんにちは。

今回は、WarframeのおすすめのPrime武器をまとめました。

Prime武器は種類が多く、アップデートで追加されます。

数が多いと、どれが良いのか分からない方が多いと思うので、優先して作ったほうがいいものを紹介します。

 

 

【Soma Prime】

通常のSomaとクリティカル確率・倍率は同じだが、基礎ダメージ・弾薬数・状態異常確率が上がっている。

弾薬数は通常のSomaの100発から2倍の200発に増加。

全体的に使いやすくなった新生Somaという感じ。

Somaの弱点であるリロード速度を弾薬数の増加で補えるのは良いですね。

撃ちまくって敵をクリティカルでゴリゴリ削る快感はSomaならでは。

 

【Sybaris Prime】

テンノラボで作成できる万能ライフルのPrime版。

基礎ダメージが満遍なく上昇しており、クリティカル確率・状態異常確率が増加。

マガジン数はデフォルトの10発から20発に増えた。

通常版のSybarisでも十分使いやすかったが、Prime版で磨きがかかった印象。

基礎ダメージのバランスの良さ、高いクリティカル確率、遠距離の敵の処理ができる万能武器。

遠距離はスナイパーに負けるが、敵の処理のしやすさでは勝る。

まさにオールラウンダーな武器。

 

【Paris Prime】

ParisのPrimeバージョン。

クリティカル確率が大幅に強化され、基礎ダメージが微増している。

ただ、弓矢は優秀な武器が多く(Dreadなど)…そこまで必須という訳ではない。

それでもParis Primeは強武器なので、揃えられるなら作ってみよう。

 

【Lex Prime】

驚異的なダメージを出せるセカンダリーのハンドガン。

通常のLexと違い、連射速度が改善されてかなり使いやすくなった。

基礎ダメージ・クリティカル確率・状態異常確率・装弾数が増加している。

正確に敵を狙って撃つ必要がある武器だが、火力は群を抜いている。

1発1発を正確に当てられるプレイヤーなら真価を発揮できる。

 

【Orthos Prime】

OrthosのPrimeバージョン。

クリティカル確率と倍率・状態異常確立・基礎ダメージは平凡だが、広い攻撃範囲が長所。

Reachを装備すれば、近接武器の中でトップクラスの攻撃範囲になる。

低レベル帯ならバサバサ切り裂くだけで倒せる…爽快です。







 

スポンサーリンク