リソースブースターとリソースドロップブースターの違い【Warframe】

 

こんにちは。

今回は、Warframeの解説記事です。

ログインボーナスでたまに貰える「リソースブースター」と「リソースドロップブースター」の違いを解説します。

似てるようで違うので覚えておきましょう。

 

 

・2つの違いは?

リソースブースターは、素材を拾ったときの数が2倍になります。

リソースドロップブースターは、素材が落ちる(ドロップする)確率が2倍になります。

つまり、落ちる確率が増えるか、拾う数が増えるかの違いです。

(ザックリとした説明で申し訳ないですが…。)

 

・有効活用するには?

いちばん良いのは、ソースドロップブースターとリソースブースターの両方を同時に使うことでしょう。

ただ、両方を同時に使うとなるとプラチナでの購入やBaro Ki’Teer からの販売、ソーティーミッションの報酬、ログインボーナスを上手く活用しないと難しいです。

(運が悪いとそもそも入手すらできない…。)

あとは、素材がどこでドロップしやすいかを覚えておくと効率が良いです。



 

スポンサーリンク