素材稼ぎのコツまとめ。あった方がいいMOD・フレームを解説【Warframe】

 

こんにちは。

当記事では、Warframeの素材集め(稼ぎ)のコツを解説しています。

敵を倒しまくって素材を稼ぐのでも良いのですが、知っておくとより効率的に稼げますよ。

内容は、初心者向けなので…上級者の方は既知の内容ばかりだと思われます。

 

 

・センチネルにVaccumを装備

何でもいいのでセンチネルを1台作って、MODの「Vaccum」を装備しましょう。

周りにあるアイテムを吸い上げてくれます。

昔はCarrier専用のスキルだったのですが、他のセンチネルでも使えるようになりました。

初心者向けのセンチネル「Taxon」が追加されたので、入手難易度は下がりましたね。

(地球の金星ジャンクションのクリア報酬です。)

とりあえず、初心者の方はTaxonの作成とVacuumの強化を完了させましょう。

Magの強化MOD「Gleedy Pull」で似たようなことができるけど、センチネルの方がお手軽です。

あと、センチネルではなくクブロウにロッカーを漁らせることもできますけど、正直効率はよくないです。

大人しくセンチネルを使いましょう。

 

・アイテム収集用MODを使う

MODの中には、アイテムやロッカー、MODの位置を表示するものがあります。

拾い残しを防いだり、ロッカーを漁るときに使えます。

いくつか有用なMODを紹介しておきます。

 

・Animal Instinct

センチネルに装備できるMOD。

アイテムと敵の位置をレーダーに表示してくれます。

ただし、ナイトメアミッションの報酬なので、初心者には入手難度が高い。

 

・Loot Detector

フレームに装備できるオーラMOD。

レーダーに、アイテムやMODを表示してくれます。

ロッカーやコンテナにも対応。

 

・Theif’s Wit

フレーム用のMOD。

レーダーにアイテムやMODの位置を表示してくれる。

MODを地形越しにハイライトする機能付き。

これらのMODを装備すれば、アイテムの位置が分かるので拾い残しが減りますね。

 

・ネクロスを使う

素材集めといえばネクロスですね。

アビリティ「Desecrate」を使えば、敵の死体からアイテムを再出現させます。

切断武器で敵の部位をバラバラにすれば、個別にアイテムを再ドロップさせます。

強化MOD「Despoil」を装備すれば、ヘルスを消費して「Desecrate」を発動できます。

ヘルスオーブのドロップ率が高いので、ほぼ無限に使えるようになります。

が、ネクロスの入手は面倒なので、初心者には敷居が高いです。

素材を集めに便利なネクロスというフレームがあるんだなぁ…ぐらいに思っときましょう。



 

スポンサーリンク