X Morph Defenseを遊んでみた感想・レビュー。拠点防衛シミュレーション・シューティング

 

PS4のゲーム X Morph Defense(エックス モーフ ディフェンス)を遊んでみました。

 

(リンク:https://youtu.be/2DNhK7DjBlg

 

拠点防衛が目標の、シミュレーションとシューティングが組み合わさったようなゲームです。

ウェーブ形式になっており、敵の進行をできるだけ遅らせるのがカギです。

タレットとタレットのあいだにバリアのようなものを設置でき、敵の進行ルートをコントロールできます。

このあたりは、シミュレーションゲームやパズル系のゲームが好きなら楽しいかもしれません。

 

シューティングは、PS4のインディーズゲームによくあるスティック方向に発射する仕様です。

難しいミッションだと敵の数が尋常ではなく、普通に撃っているだけだとかなり厳しくなります。

タレットのバリアで進行を遅らせるなど、ウェーブ開始前に配置をしっかり考える必要がありました。

 

シミュレーションゲーム・シューティングゲーム・戦略系シューティング・考えながら戦うゲームが好きなら楽しめる作品だと思います。

余談ですが…同じPS4のゲーム「エアメックアリーナ」に似ている印象でした。

こちらもシミュレーション要素を含んだシューティングゲームでした。